MENU

OTHERS

先輩の声

脳神経外科・眼科病棟勤務 柳井 梓

新人の不安に寄り添う

 私は、脳神経外科、眼科の混合外科病棟で勤務しており、今年度新人指導係として活動しています。各部署では数名の先輩看護師が新人指導係を担当しています。新人と先輩看護師でプリセプターとプリセプティの関係となり、新人ひとりひとりの知識や技術を確認しています。また、部署全体で指導ができるように話し合い、教育支援室とも密に連携をとって、新人が多方面から丁寧なサポートを受け安心して学べるような環境となるように取り組んでいます。新人は社会人となり新しい環境になることや、患者さんの命を預かるという大きな責任に対しての不安もあると思います。そのような気持ちにも寄り添い、精神的支援も行っていけるように心掛けています。

新人の成長が自分の成長へ


 新人ひとりひとりの看護観を大切にしながら、患者さんにとってよりよい看護が提供できるように指導を行っています。指導の難しさで悩む場面もありますが、新人から「自立してできることが増えて自分の成長を感じる」、「患者さんからありがとうと言ってもらえてうれしかった」などの言葉が聞けた時には、成長を実感でき私自身も喜びや指導のやりがいを感じることができます。悩んだり、喜んだりしながら私自身も新人と一緒に成長していきたいです。

脳神経外科・眼科病棟勤務 小川 直哉

求められるのは専門的知識だけではない

 私は、脳神経外科・眼科病棟で副師長として勤務しています。師長とスタッフの間に位置する副師長は患者さんと接する一方、スタッフが業務を円滑に遂行できるような職場環境の改善など、看護業務全般のマネジメントも必要になります。そのため、様々な物事に対処できるよう専門的知識だけでなく、リーダーシップやコミュニケーション能力が求められる役割であり、その難しさを感じています。

スタッフを支える役割もやりがいに


 患者さんがその人らしく過ごせるよう支えることは、看護師としてやりがいを感じますが、それを遂行するスタッフを支える役割を果たせることは、違った意味でのやりがいや喜びにもつながっています。患者様だけでなくスタッフを含め、人のためになりたいという思いが強いほど役割を発揮でき、自身の成長につながる仕事だと思います。
男性という視点を生かし、どうすればその人の支えとなれるのかという思いを心に留めながら、自身のマネジメント能力を高めて行きたいと考えています。

心臓血管外科病棟勤務 牧野 美里

患者さんの回復過程を支援するやりがい

 私は専門学校を卒業後、新卒で当院に入職し4年間脳神経外科で勤務し、現在は心臓血管外科で働いています。配属後は、心疾患や治療について、学生のときに講義で学んだことを再学習しながら、部署の先輩や医師から指導を受け、実践に繋げることができています。心臓血管外科では、弁膜症や大血管瘤の患者さんに対し、治療が行われています。そんな中、私たち看護師は、手術前の準備や術後の循環管理、リハビリ、社会復帰へ向けた支援などを行っています。忙しい病棟ですが、重症患者の回復や、それを多職種で支援できる事にやりがいを感じています。

多職種チームで、互いに学び合う


 病棟では、看護の専門性を発揮し、安全で質の高い看護を提供できるよう、医師や臨床工学技士と共に、学習会を行っています。チームでお互いを高め合える環境にあります。これからも学習を深め、患者さんの変化に気づき、対応できる看護師を目指して頑張っていきたいと思います。

呼吸器内科・呼吸器外科病棟勤務 藤田 亜由美

制度の活用で育児と仕事の両立を

 私は、現在育児部分休業制度を活用して働いています。
1年間の育児休業から復帰し、6階新病棟で働き始めた頃は、点滴を作ることさえも緊張しました。働いていた時のことを毎日思い出しながら、少しずつ病棟に慣れていきました。仕事が終わって家に帰れば、家事や育児が待っており平日は一日中慌ただしいです。子育てと仕事を両立するために、仕事中は仕事に集中できることが大切だと考えています。そのためには、子どもが風邪を引いた時など安心して預けられる環境があることや相談できる職場であることが必要であり、当院にはそれらの条件がそろっていると思います。

パートナーとのコミュニケーションで個別性のある看護を


 時間内に業務を終わらせることが難しいこともありますが、個別性のある看護を目指してパートナーとよくコミュニケーションをとることを大切にしています。できる業務量は少ないですが、看護の質は落とさないことを意識して関わることで、フルタイムに復帰してからも仕事と育児を両立できると思います。

神経内科病棟勤務 中野 正代

制度だけではなく、「育休ママの会」での情報共有も

 私は、第一子の際は2年間、第二子では1年半の育児休暇を経て、その後は育児部分休業制度を活用しながら8時間勤務に復帰しました。初めての育休中には、復帰の時期が近付くにつれ、実際にどのように働くのかという事や保育園への申請方法など様々な不安がありました。そこに育休中に「育休ママの会」として看護部で主催していただいた説明会があり、その中で病院に併設されている保育園や病児保育の案内や申し込み方法、慣らし保育があること、復帰日とどのように調整するのかなどの細かい情報を知ることができ、不安の軽減につながったと思います。

段階的な職場復帰が可能


 また、復帰に向けての看護技術や知識の学習においては、育児をしながら自己学習を行う事がなかなか難しいと感じていましたが、学研ナーシングサポートの利用でスマートフォンからでも時間のある時に動画を見たりすることで、自己学習に役立ったと思います。
 復帰日にはシステム担当者の方からカルテの見方などを指導していただき電子カルテの変更点などを確認できたことは良かったです。復帰直後は、慣れない家事・育児と仕事の両立で学習時間の確保が困難でしたが、足りない部分はスタッフに聞きながら学習しました。どのスタッフも快く指導に応じてくれ、安心して業務に入ることができました。PNSのパートナーに入れていただいた事も安心感につながったと思います。職場を離れていた期間が長いほど復帰への不安は大きくなるので、各種制度を積極的に活用することで、段階を追って職場復帰に進むことができました。