MENU

OTHERS

新人研修


TRAINING

支援体制とローテーション研修

手厚い支援体制と「ローテーション研修」で安心して取り組める。

 新人看護職員研修体制は、新人看護師があらゆる方向から支援を受けることができる体制です。所属部署の師長・副師長・教育担当者・実地指導者はもちろんのこと、教育支援室に新人看護職員研修の専従の副師長が配置され、全ての部署の新人をサポートする役割を担っています。

 新人看護職員研修では、就職後における新人看護師の状況を予測して、その段階ごとに必要なプログラムを用意しています。とりわけ当院では、多様な治療・看護の実際を体験し、1つの部署では得ることのできない幅広い臨床実践能力を獲得してほしいとの思いから、複数領域で研修する「ローテーション研修」を採用しています。下記の概要にもありますが、1ROUND→2ROUNDでそれぞれ異なる領域を実践経験できます。

 そのほか、研修中はグループで情報共有しながら一緒に学びますので落ち着いて研修に取り組んでいただけます。当院の教育理念・方針の下に効率的に学びながら、ローテーション後の正式配置を目指しています。

研修概要図

 1年目の研修は下記のようなイメージで行います。大きく3つのラウンドに分けており、適したタイミングで配置の希望調査もあります。各々の段階で先輩方や教育支援室からのフォローアップの体制ができています。新人看護職員研修を修了すると同時に、クリニカルラダーレベルⅠの修了となります。

Infinity Note(インフィニティ ノート)

新人1人1人に研修ファイルを支給し、研修に役立ててもらっています。厚生労働省の推奨する新人到達目標の基準に準じて、当院の新人到達目標を作成しています。

私たちは新人の皆さんの無限に広がる可能性を信じて、これを”Infinity(=無限) Note”と名付けています。

一見分厚く見えるこの研修ファイルは、上述した内容に添い、研修を進めるにあたってあなたの側にいて、常に道しるべとなるでしょう。看護技術の習得はもちろん、初めての臨床現場に抱えがちな様々な不安の緩和、安全管理に至るまで、常にあなたの現在地、これからの目標について書き留めていってください。

そして研修を終えてクリニカルラダーレベルⅠの認定を取得した後も、心配になった時にいつでも読み返して、日々の研鑽に役立てていただきたいと思っています。

教育組織体制

通常の人事組織体制に加えて、看護部長の直下に副部長級をトップとする教育支援室を設置しています。新人看護職員研修専従の副師長を配置しており、全ての部署の新人をサポートできる組織となっています。

先輩インタビュー

実際にこの研修を受けた方はどのように感じられたのでしょうか。前年に新人看護職員研修を修了した瀧石茉衣香さんにお話をお聞きします。

瀧石 茉衣香

最初に複数領域を経験できて安心。

 当院には、「新人看護職員ローテーション研修制度」があります。1ラウンド、2ラウンドと複数領域を経験することで、幅広い臨床的な知識を身につけることができます。
  この研修を通して学んだことは、各病棟により、疾患や術式・治療だけでなく、行われている看護も異なるということです。このことから、「なぜこの病棟ではこのような看護が行われているのか」と根拠を考えながら看護を行うことの大切さを学びました。
  また、「多重課題シミュレーション研修」では、多重課題に対して新人がどのように行動するべきかを見つめ直す良い機会となりました。
  どの病棟でも日々業務を行っていると忙しさから多重課題に追われることがあります。そのような時には、まず患者さんの安全に配慮しながら優先順位を考え行動すること、自分がどのように行動するべきか判断に迷ったときや、困ったときにはまわりの先輩方に状況を報告・連絡・相談して解決方法を考えることが大切だと学ぶことができました。

すぐに相談できる体制ができていて安心。
  また、当院には教育支援室があります。ローテーション研修中から正式配置後まで、教育支援室の担当副看護師長が新人のサポートをしてくださっています。
悩んでいることや困ったときには、すぐに相談できる体制があるので、安心して働くことができています。基本的な看護技術の習得に関しても病棟の先輩方をはじめ、教育支援室の担当副看護師長が指導をしてくださるので、一つ一つの看護技術を着実に身につけることができています。
 まだまだ未熟な私ですが、自分もチームメンバーの一人として役割を担っているということを自覚し、新人としての自分の役割を考えながら行動することを課題として働いています。